140views

日本では「テレワークではオフィスほど仕事がはかどらない」アドビが、未来の働き方に関する調査を実施

2021.09.29

アドビ株式会社は、未来の働き方に関するグローバル調査結果を発表した。この調査では、テレワークの導入によりワークライフバランスが向上したと答えた人が日本を含めグローバル全体で多くなった一方で、日本では「テレワークではオフィスほど仕事がはかどらない」と答えた人が調査対象国の中で唯一多数を占めていた。

画像出典:アドビ株式会社 「アドビ、未来の働き方に関する調査を7カ国で実施」(2https://www.adobe.com/jp/news-room/news/202109/20210916_survey-on-the-future-of-work.htmlより)

コロナウイルス感染症拡大の影響でテレワークを導入する企業が増える中、「テレワークによってワークライフバランスは向上しましたか?」の問いに対し、グローバル平均で85.5%、日本でも73.0%が「向上した」と回答した。

7カ国中で最も低い42.8%

しかし、「オフィス勤務よりテレワークの方が仕事がはかどりますか?」の質問には、グローバル平均で約7割が「そう思う(69.1%)」と答えたのに対し、日本で「そう思う」と回答したのは7カ国中最も低い42.8%に留まった。

画像出典:アドビ株式会社 「アドビ、未来の働き方に関する調査を7カ国で実施」(2https://www.adobe.com/jp/news-room/news/202109/20210916_survey-on-the-future-of-work.htmlより)

日本の回答者は、テレワーク環境でオフィスほど仕事を効率的に行えていないことがわかる。

また、全体の業務時間の中で雑務にかける時間の割合を聞いたところ、7カ国の中で日本が最も雑務に時間をかけていることも分かった。さらに作業効率化のためにデジタルツールを導入してほしいタスクについての質問では、日本では1位「紙文書の作成・確認作業( 71.0%)」、2位「ファイル管理(70.6%)」、3位「ファイル検索(62.6%)」という結果となり、多くの人がより効率的に仕事を進めるためのツール導入を望んでいることがわかった。

Related